起業前に考えておきたいセールスポイントの例と考え方

ホーム > 創業融資・開業資金調達の最新情報 > 創業計画書 > 起業前に考えておきたいセールスポイントの例と考え方

起業前に考えておきたいセールスポイントの例と考え方

起業・創業をしていく上で、事業のセールスポイントを明確にする事は重要になります。

その事業の「核」となるのと同時に、「顧客が購買・導入する一番の理由」ともなります。

この点は新規事業を立ち上げる時も同じ事が言えます。

1.セールスポイントは絶対必要なのか?

ですが、同じような事業や業種であると、似たようなビジネスモデルになりがちです。

多少の違いや特徴を作れたとしても、顧客から見ると、決定的な違いとは理解しづらく、価格や利便性で購買・導入が決定されてしまいます。

知合いや既に取引先があれば、大きなセールスポイントを作る必要はないかもしれません。

ただ新規の顧客を取り込む必要がある事業モデルであれば、「そのセールスポイントがあるからこそ、その商品やサービスを選んだ」という結果にする事が必要になります。

2.最初に考えるセールスポイント

一般的にセールスポイントというと、事業の中身を見渡して、特徴となるところを探し出して、「ちょっと変わった」ポイントや、「目新しいかもしれない」と思うところをセールスポイントにしてしまう事も多くあります。

「自己分析型」のセールスポイントの導き出し方になりますが、それは果たして競合と比較して、顧客から選ばれるポイントに成り得るのかを考える必要があります。

少しでも疑問に思う事があれば考察する必要があります。

3.改めてセールスポイントとして思い浮かべるもの

改めてセールスポイントを考えていくと、

・競合が行っていないもの
・目新しいもの
・まだ誰も着手していないもの
・大多数の顧客が「あったらいいな」と思うもの

などが代表的なものとして挙げられます。

このような視点でセールスポイントが作れる事は大変素晴らしい事ですが、簡単にそのようなセールスポイントを作る事が出来るものでもありません。

では、世の中の起業家・経営者全てがそのようなセールスポイントを持っているのか?と言うとそうではありません。

その他の観点からもセールスポイントを作る事は可能です。

4.セールスポイントは目新しいものだけではない

例えば「スピード対応!」と言うのも他の競合と比べて出来ているのであれば、それは大きなセールスポイントになります。

特に最近の顧客ニーズとして「早い」というのは大きなニーズがあります。

その中でどこよりもスピード対応できる事は顧客に選ばれるポイントにもなります。

他にも同業他社が行っているもので「地域性」が強い事業モデルであれば、その地域で行っていないサービスを提供する事で「その地域内」ではセールスポイントになります。

一般的に大多数の店舗(飲食店など)は地域性が強いビジネスモデルです。

このようにして、大きな視点で考えていくとセールスポイントは様々な観点から作り出す事が出来ます。

しかし全ての視点に共通する事としては、「顧客ニーズ」がある事が前提です。

陥りやすい傾向としては、顧客ニーズを「深く考えていない」セールスポイント(特に目新しい事業モデルに多くある傾向)を作ってしまう事です。

顧客から購入・導入されてこその「セールスポイント」です。

「なんとなくニーズがありそう」「他がやっていないから大丈夫」という見方だけでは結果的にセールスポイントではなく、1つの取り組みに終始してしまいます。

まずは顧客ニーズを掴んでから、競合がどれくらいそのビジネスモデルを行っているのか、またその地域ではどうなのか、に着目して取り組んでいく事がより良い「セールスポイント」を作る事につながります。

まとめ

・セールスポイントは事業の核になり「顧客が購買・導入する理由」になる
・自己分析から導き出したセールスポイントは「顧客が購買・導入する理由」になるのかを考える
・競合が行っていないものに着目する
・サービスや地域性からもセールスポイントは作れる
・顧客ニーズがあって初めてセールスポイントが成り立つ

>>次のページ
事業計画書での多くの問題点

 

一緒に読まれている関連記事ランキング

日本政策金融公庫の融資
新規事業の事業計画書の作成代行
期待に応えるサポート内容と明瞭な料金プラン
事業計画の起業の動機
初めての事業計画書の作り方

よく読まれているまとめ記事

起業する前に知っておきたい21の知識
資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
業種別の創業融資・事業計画書作成代行の内容
最近よくある融資や事業計画書作成のご相談内容

事業の成功者が活用している「創業融資」

事業を始めるに当たっては、事業を立ち上げるための資金と事業を開始後の赤字から黒字にするまでの経費や生活費が必要になります。

事業を始めるための資金や黒字にするまでの資金があってこそ事業をより早く軌道に乗せる事が可能となります。

起業・開業時の創業融資

起業や創業期に創業者融資を受けるために事業計画書創業計画書の作成と担当者との面談が必要になります。

新規事業・社内向け事業方針説明の事業計画書

異業種からの新規参入となる新規事業や社内向けの説明・プレゼン資料向けの事業計画書の作成も対応しています。
特に異業種からの参入である新規事業の場合は不明な事も多くありますが経験豊富な事業計画書作成の専門家が対応します。

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

また収支計画書のテンプレートをご希望の方も友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEでの無料相談はこちら

創業融資で資金調達するための事業計画書作成代行、創業計画書の作成コンサル、新規事業立ち上げの事業計画書・企画書作成代行の支援、その他必要な取り組みを行政書士税理士を始めとした融資専門家がサポートします。

男性起業家や女性起業家ならではのビジネスモデル作り、事業プラン、コンセプト設計、事業戦略、開業計画書までの起業支援や創業資金の考え方、わかりづらい起業融資の制度なども含めた創業支援・起業家支援も行っています。

お忙しい男性・女性起業家・経営者の皆様にご相談いただきやすいように平日日中、夜間、土日祝日も事前ご予約にてご面談、お打合せをさせていただいています。

会社設立

株式会社等の法人設立は資本金の決定、定款(電子定款対応)作成、登記等が必要です。

創業融資申請・新規事業に合わせた会社の立ち上げの流れや手続きの代行まで当センターではワンストップでご対応しています。

営業許可・認可

新規事業の営業許可はこれから立ち上げる事業内容に応じて許可・認可の申請が必要になる事もあります。

営業許可・認可申請の手続きの代行もご対応させていただいています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

当センター 代表 清田卓也がメディア誌の「近代中小企業2015年1月号」特集企画4ページに渡り執筆・掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資を受ける理由

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く