消費者ニーズを確実に捉える消費者の感じている課題

ホーム > 創業融資・開業資金調達の最新情報 > 創業計画書 > 消費者ニーズを確実に捉える消費者の感じている課題

消費者ニーズを確実に捉える消費者の感じている課題

消費者ニーズを確実に捉えるためには、「消費者が感じている課題」を考えていきます。

融資向けの事業計画書作成や新規事業を立ち上げるための事業計画書作成には消費者ニーズを押さえる事が最も重要な要素となります。

初めての事業計画書の作り方についてはこちら

消費者が感じている課題とは

消費者が感じている課題は、

「今まで○○がないから不便だ」
「○○のようなものがないから苦労している」

などと感じている内容です。

消費者ニーズを確実に捉える消費者の感じている課題

そのためにその「消費者が感じている課題」に対してサービス・商品が提供出来れば「絶対利用する」ものとなり得るからです

これまでのサービスや商品はそういった発想から多く生まれているものが多くあります。

例えば「洗濯代行業」のサービスでは、忙しいサラリーマンやOLの独身層や、洗い方が良くわからないようなもの(布団など)人の為に、「洗濯に対して時間を使いたくない」や「正しくきちんと洗いたい」と「消費者が感じている課題」に対してサービス提供がされています。

また「主婦の特許・発明商品」などの多くも、「これがあったら便利」「一回使ってみたい」と思えるようなものがたくさんあります。

このようにして「消費者が感じている課題」を深く考えていく事でサービス・商品を作るベースが見えてきます。

消費者の感じる課題の大きさ・深さは

「課題」と言っているぐらいですので、今思いつくような短期的なものではなく随分前からあるものに焦点を絞れるとより消費者としても「利用したい・購入したい」となりやすくなります。

すでに顕在化されている「課題」に対してはサービス・商品が提供されているものが多くありますので、潜在的な課題であればあるほど、消費者として感じている課題が大きく、深くなります。

そしてその課題が見つかれば、消費者の改善欲求は相当高いものであることは容易に予想されます。

消費者の課題はどのようにして見つけていくのか

とは言っても、このような潜在的な課題を見つけることは簡単ではありません

また、別のターゲットに変えていっても同じように見つける事は困難です。

そこで、簡単に取り組める考え方としては、「自分自身の中にある課題」に焦点を当てて見る方法です。

「これはどうなのだろう?」
「もっとこういうものがあれば良かったのかもしれない」

ということを今までの過去を振り返っていきます。

そうする事で今まで主観的だった考え方から客観的に「消費者の感じている課題」感じる事が出来るようになっていきます。

消費者ニーズが見えてきたら

消費者の感じている課題が少ずつ見えてきたら

何度かこのように「自分自身の中にある課題」を考えて行くのと同時に「母数がどれくらい存在しそうなのか」という着眼点を持つ事で、より効率的に消費者の感じる課題を考える事が出来るようになります。

仮に、「自分自身が感じた課題」を見つけたとしても、それはごく少数の人しか感じない課題かもしれません。

ごく少数の人をターゲットとする「ニッチマーケット」に対する取り組みであるとしても、やはりある一定の母数がないと、事業の継続としては難しくなってしまいます。

マーケットの規模を誤認しないように、いくつか発見した課題に対して、周囲の人から確認を取ったり、確認できる情報をリサーチしていく事でその「課題」が確かなもので母数がどれくらいあるのかを確認する事が出来るはずです。

そこから確かな「消費者の感じる課題」を理解する事で、確かなサービス・商品を提供する事が可能となります。

>>次のページ
事業計画書の強み

 

一緒に読まれている記事ランキング

日本政策金融公庫の融資
事業計画の起業の動機
期待に応えるサポート内容と明瞭な料金プラン
成功確率を引き上げる消費者ニーズの考え方
起業の資金調達をする時に今考える選択肢とは

よく読まれているまとめ記事

起業する前に知っておきたい21の知識
資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
業種別の創業融資・事業計画書作成代行の内容
最近よくある融資や事業計画書作成のご相談内容

事業の成功者が活用している「創業融資」

事業を始めるに当たっては、事業を立ち上げるための資金と事業を開始後の赤字から黒字にするまでの経費や生活費が必要になります。

事業を始めるための資金や黒字にするまでの資金があってこそ事業をより早く軌道に乗せる事が可能となります。

起業・開業時の創業融資

起業や創業期に創業者融資を受けるために事業計画書創業計画書の作成と担当者との面談が必要になります。

新規事業・社内向け事業方針説明の事業計画書

異業種からの新規参入となる新規事業や社内向けの説明・プレゼン資料向けの事業計画書の作成も対応しています。
特に異業種からの参入である新規事業の場合は不明な事も多くありますが経験豊富な事業計画書作成の専門家が対応します。

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

また収支計画書のテンプレートをご希望の方も友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEでの無料相談はこちら

創業融資で資金調達するための事業計画書作成代行、創業計画書の作成コンサル、新規事業立ち上げの事業計画書・企画書作成代行の支援、その他必要な取り組みを行政書士税理士を始めとした融資専門家がサポートします。

男性起業家や女性起業家ならではのビジネスモデル作り、事業プラン、コンセプト設計、事業戦略、開業計画書までの起業支援や創業資金の考え方、わかりづらい起業融資の制度なども含めた創業支援・起業家支援も行っています。

お忙しい男性・女性起業家・経営者の皆様にご相談いただきやすいように平日日中、夜間、土日祝日も事前ご予約にてご面談、お打合せをさせていただいています。

会社設立

株式会社等の法人設立は資本金の決定、定款(電子定款対応)作成、登記等が必要です。

創業融資申請・新規事業に合わせた会社の立ち上げの流れや手続きの代行まで当センターではワンストップでご対応しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

当センター 代表 清田卓也がメディア誌の「近代中小企業2015年1月号」特集企画4ページに渡り執筆・掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資を受ける理由

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く