消費者ニーズを確実に捉える消費者の感じている課題

ホーム > 創業融資・開業資金調達の最新情報 > 創業計画書 > 消費者ニーズを確実に捉える消費者の感じている課題

消費者ニーズを確実に捉える消費者の感じている課題

消費者が感じている課題とは

消費者が感じている課題は、

「今まで○○がないから不便だ」
「○○のようなものがないから苦労している」

などと感じている内容です。

消費者ニーズを確実に捉える消費者の感じている課題

そのためにその「消費者が感じている課題」に対してサービス・商品が提供出来れば「絶対利用する」ものとなり得るからです

これまでのサービスや商品はそういった発想から多く生まれているものが多くあります。

例えば「洗濯代行業」のサービスでは、忙しいサラリーマンやOLの独身層や、洗い方が良くわからないようなもの(布団など)人の為に、「洗濯に対して時間を使いたくない」や「正しくきちんと洗いたい」と「消費者が感じている課題」に対してサービス提供がされています。

また「主婦の特許・発明商品」などの多くも、「これがあったら便利」「一回使ってみたい」と思えるようなものがたくさんあります。

このようにして「消費者が感じている課題」を深く考えていく事でサービス・商品を作るベースが見えてきます。

消費者の感じる課題の大きさ・深さは

「課題」と言っているぐらいですので、今思いつくような短期的なものではなく随分前からあるものに焦点を絞れるとより消費者としても「利用したい・購入したい」となりやすくなります。

すでに顕在化されている「課題」に対してはサービス・商品が提供されているものが多くありますので、潜在的な課題であればあるほど、消費者として感じている課題が大きく、深くなります。

そしてその課題が見つかれば、消費者の改善欲求は相当高いものであることは容易に予想されます。

消費者の課題はどのようにして見つけていくのか

とは言っても、このような潜在的な課題を見つけることは簡単ではありません

また、別のターゲットに変えていっても同じように見つける事は困難です。

そこで、簡単に取り組める考え方としては、「自分自身の中にある課題」に焦点を当てて見る方法です。

「これはどうなのだろう?」
「もっとこういうものがあれば良かったのかもしれない」

ということを今までの過去を振り返っていきます。

そうする事で今まで主観的だった考え方から客観的に「消費者の感じている課題」感じる事が出来るようになっていきます。

消費者ニーズを解決する事業計画書

消費者の感じている課題が少ずつ見えてきたら

何度かこのように「自分自身の中にある課題」を考えて行くのと同時に「母数がどれくらい存在しそうなのか」という着眼点を持つ事で、より効率的に消費者の感じる課題を考える事が出来るようになります。

仮に、「自分自身が感じた課題」を見つけたとしても、それはごく少数の人しか感じない課題かもしれません。

ごく少数の人をターゲットとする「ニッチマーケット」に対する取り組みであるとしても、やはりある一定の母数がないと、事業の継続としては難しくなってしまいます。

マーケットの規模を誤認しないように、いくつか発見した課題に対して、周囲の人から確認を取ったり、確認できる情報をリサーチしていく事でその「課題」が確かなもので母数がどれくらいあるのかを確認する事が出来るはずです。

そこから確かな「消費者の感じる課題」を理解する事で、確かなサービス・商品を提供する事が可能となります。

>>次のページ
『 強み(セールスポイント)

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

また、収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く